【大学生必見】朝4時に起きる方法【コスパやばい】

朝4時に起きたい人
「朝4時に起きたいけど起きれないなー、
どうにかして起きる方法無いかな?」

 

こういった疑問に答えます。

この記事で分かること

朝4時に起きる方法

 

 

朝4時に起きる方法

 

結論は早く寝るです。とっても簡単ですね。

 

実は早く起きるためには、
睡眠時間を削るんじゃなくて、

寝る時間を早めることが大切です

 

例えば、25時に寝て7時に起きてる人は、
22時に寝て4時に起きる感じですね。

 

ちなみに自分は7時間以上は寝ないと、
生活に支障が出ます。

 

なので、多めに7時間半。
つまり、20時半に寝て4時に起きてました笑

 

こういった記事を書くと、

 

「そんなんただ寝る時間をずらしただけで、
生活には何の影響もないんじゃないん?

 

と思うかもしれませんが、
大きな変化が少なくとも、
2つもあります。

 

それは、

1、朝を優雅に過ごせる
2、頭が活性化してる時間を勉強にまわせる。

 

それぞれ解説します。

 

朝を優雅に過ごせる

 

朝4時は誰も起きてないので、静かな時間を過ごせます

 

例えば周りのみんなは、
朝ドタバタしながら準備して学校に向かいます。

 

しかし朝4時に起きれば、ドタバタなんて絶対にしません。

 

ドタバタしないので、遅刻することもありませんし、
朝に予定があれば、出来る作業に限りがあります。

 

締め切りがあると、やる気が出て、
作業を効率良く出来ます

 

そのまま次の話をします。

 

 

頭が活性化してる時間を勉強にまわせる

 

夜に比べて朝は頭が活性化するのは、
知ってると思います。

 

まわりの人たちは、
一番頭が回る時間を通学に使ってます。

 

しかし、その時間を勉強に回せば、
とても効率良勉強できます。

 

なんなら勉強じゃなくても朝の静かな時間に、
ランニングや筋トレなどにもまわせます。

 

それ以外にも副業をやって効率よく
お金を稼ぐことも出来ます。
【大学生必見】大学生におすすめな副業8選 

 

そう考えると良いことしかないですね。

 

実際に朝4時起きは本気で実践してみれば、
案外余裕なので、一度試してみてください。

 

まとめ

 

朝4時に起きるためには、
早く寝ましょう。

 

結論はとてもシンプルになりましたが、
これさえ出来れば、
朝4時起きは余裕です。

 

ホンキで試してみましょう。