【2020年最新版】ブログのパクり方【これもパクってOK】

4月 23, 2020

こんにちは、シューヤです。

 

ブロガー「ブログの書き方教えてくれん?」

 

今日はこんな疑問に答えます。

本記事の内容

  • ブログのパクり方
  • 参考にすべきブロガー

最速で成果を出したいなら、成果が出てる人のスキルを全部真似しよう。プライドなんかは捨てましょ。

なんでもそうだけど、初心者がプロを目指すならパクリは必須です。

Contents
①ブログのパクり方
 ①キーワードの探し方
 ②記事構成の考え方
 ③色の使い方
②参考にすべきブロガー
 ①マナブログさん
 ②コロブログさん
 ③クニトミさん

 

ブログのパクり方

 

結論は全部パクりましょう。そのやり方を詳しく解説します。

 

キーワードの探し方

 

この二つが一番使いやすいですね。特に関連キーワード取得ツールは使い方次第で化けます。

軽く解説します。

 

(KW=キーワード)

①検索キーワードにKWを入力
②全キーワードリストのKWを全部コピーする
③キーワードプランナーで検索ボリュームを測る
④月間平均検索ボリュームが1000~1万くらいを狙う
⑤競合性が「低」を狙う

特に④、⑤が大事です。ブログ初心者がいきなり競合性「大」に行っても絶対に勝てない。

黙ってライバルが少ないとこで勝負しましょう。

そして自分が強くなってから、最強に挑もう。

 

記事構成の考え方

コロブさん(https://twitter.com/korobl0g?s=20)の考え方をそのまま書きます。

 

1行で3文見出しを書くことが一番重要です。

これに尽きると思います。かつ箇条書きで見やすさを一番に考えるべきです。

読者はブログを読んでいません。文字をなぞってるだけです。

 

逆に言えば、見るだけで読める記事が理想です。

こういった記事を書くと、「じゃあどうやって書けばいいねん笑」と言われてしますので、その解決法を次で解説します。

 

色の使い方
色のついた部分だけ読めばその記事の本質が分かるようにする

これは難しいことではありません。その記事で伝えたいこと、一番重要な部分にそっと色を添えるだけです。

 

カラフルはやめましょう。どんなに多くても3色

色とりどりだと逆に読みづらくなるのでやめましょう。実際に一回やってみるのもありです。

 

今までのノウハウは誰のパクり?

ここまで読んでくれた方はそう思うので次で紹介します。

 

参考にすべきブロガー

あくまで参考程度に。丸パクリは論外です。

 

マナブログさん

 

言わずと知れたマナブさんです。

 

最高月収2000万円でブログ界の神です。将棋で言うと名人です。

凄すぎて逆に参考にならないかもしれないですが、ブログには無料で有料級の情報が転がっています。特に2018年くらいの記事は完璧です。3周しましょう。

マナブさんの記事はこちら

 

コロブログさん

 

こちらも今流行りにはやっているコロブさんです。

コロブさんを参考にすべき理由は以下の2つです。

  • マナブさんの意思を受け継いでいる
  • 人に読ませる書き方を熟知している

とにかくマナブさんの意思がまるまる受け継がれています。大学受験などでは「参考書を買いまくるな」と言われますが、ブログでも同じことが言えます。

 

 とはいえコロブさんの技術はマナブさんと似通っている部分もあるので問題ないです。

とりあえずコロブさんの記事を参考にすれば間違いないです。

コロブさんのブログはこちらから

 

クニトミさん

 

この人は月収7桁以上の唯一の副業ブロガーなんじゃないですかね。

 

この記事を見てくださっているのは統計上学生さんが多いので、参考にしかならないです。

しかもこの人も、マナブさんの意思を受け継いでいます。

 

こう考えるとマナブさんが凄すぎることを実感すると同時にみんなパクってることが分かります。

つまり、パクるのは悪いことじゃないし、何ならマナブさんやコロブさんも推奨してます。

 

まとめ:ブログはパクらないと勝てない

まず成功してる人のノウハウ(どうして成功できたのか等)を吸収するのが一番だと断言できます。

 

パクるのもパクられるのも抵抗がある人がいますけど、そんなプライド今すぐ捨ててください。

この考えは労咳気質の考えですよね。今すぐ考え直してください。

 

【NG】自分で考える▶答えを見る(他のブログサイトを見る)

【OK】答えを見る▶考えながら自分のブログに反映する

この手順です。間違えないでください。

 

最後に自分もアフィリエイトに関する有料級情報を毎日投稿してます。フォローしてください。後悔させません。

Twitterはこちらから