【初心者専用】読まれやすいブログ記事の書き方

4月 12, 2020

読みやすい記事を書けるようになりたい人
「サイトも作ったし記事を書くジャンルも決まったけど、
実際にどうやったら読みやすい記事が書けるようになるの?」

 

こういった疑問に答えます。

この記事で分かること
読みやすい記事の書き方
 
 
 

読みやすい記事の書き方

 

今回は自分のブログを参考に紹介します。

 

読みやすい記事の書き方の結論は

 

1、読者の悩み
2、その記事の結論
3、結論の理由
4、具体例を示す
5、反論への理解
6、もう一回結論を主張する
7、まとめ

 

黒いのがマストで、
3,4,5はその記事の内容によって入れたり入れなかったりします。

 

とはいえ、その3つがあるかないかで、
読者への響き方が違います。

 

その3つを入れるときに不可解でなければ、
あった方が信憑性が増します。

 

なので、理由、具体例、反論への理解は、
あったほうが良いですよ。

 

ちなみに、この7手順は記事を書く時以外でも重宝します。

 

例えばプレゼンをするときに使ったりですね。

 

自分は質問をされたときに、
このわざを多用して乗り切っています笑

 

この7手順にする理由を今回のブログを使って、
説明します。

 

まず最初に読者が悩んでいること、解決させたい問題を提示します。

 

今回の場合は

 

「サイトも作ったし記事を書くジャンルも決まったけど、実際にどうやったら読みやすい記事が書けるようになるの?」

となります。

 

その疑問を解決することがこの記事のテーマになるので、
読者もどんなことが書かれているのか分かりやすいです。

 

記事を書く側も、
そのことについてだけ書けばよいのでとても書きやすくなります。

 

正直、読者は問題の解決だけを求めていますので、
変に自分語りをするのはやめましょう。

 

自分の上司や先輩に自分の過去のことを語られても嫌でしょ?

 

それと同じです。

 

なので最初に読者の疑問をきちんと、
解決してあげましょう。

 

次にその記事の結論を書きます。

 

今回の場合は

 

1、読者の悩み
2、その記事の結論
3、結論の理由
4、具体例を示す
5、反論への理解
6、もう一回結論を主張する
7、まとめ

 

となります。

 

読者はまず問題の解決を望んでいるので、
一番最初に解決してあげます。

 

上にも書いてある通り、
読者は問題の解決しか求めていないので最初に書きます。

 

これは意外と理解してない人が多くて、
自分の話をしてしまうことが原因で、
読みにくい記事になっている人が大多数です。

 

正直これが一番大切なので、
これさえ出来ればここからは自己流でも全然いけます笑

 

それくらい大事なので、
読者の知りたいことだけを書きましょう。

 

ここまで書いてもやっぱり自分のことも書きたいですよね?
ちなみに自分は書きたいです笑

 

そんな人は4の具体例の部分でだけ、
自分の話をしましょう。

 

その部分だけは自分の話をしても、
具体例になるので、
逆に良くなります。

 

というわけで、自分が足りをするのは、
ほどほどにしましょう。

 

次に大切なのは結論への反論の理解ですね。

 

実はここも結構重要で、
「こういう反論があるだろうけれど、こうすれば解決ですよね?」

 

と、このように書けば、
反論をもともと持っていなかった人でも
「なるほど~」と納得してくれるのです。

 

具体的に書くのが難しかったので、
こちらの記事で反論の部分をチラ見しておいてください。
【超初心者向け】サイトとブログの具体的な違いは?

 

上の記事では、少ししか反論を書いてないです。

 

とはいえ、それだけで読者は納得してくれます。

 

なので、反論は基本的に書いていた方が良いです。

 

そして、最後にまた結論を書きます。

 

何度も言いますが、読者は意外と記事を読んでくれません泣

 

ほとんどの人は流し読みなので、大事なことは2回書きましょう。

 

この記事を読んでくれた人は、
「おいおい、結論の理由と具体例の提示はどうした?」

 

という反論が出てくると思いますが、
記事によって書いたり書かなかったりする場合が多いです。

 

なので、

 

1、読者の悩み
2、その記事の結論
3、(結論の理由)
4、(具体例を示す)
5、反論への理解
6、もう一回結論を主張する
7、(まとめ)

 

黒いのがマストで、
それ以外は自由枠ということになります。

 

ちなみにたまに反論も書きづらい場合もあります笑

 

そういう場合は無理に入れる必要はないですが、
なるべくあったほうがよいですよ。

 

 

まとめ
 
 
記事の書き方の基本は

 

1、読者の悩み
2、その記事の結論
3、結論の理由
4、具体例を示す
5、反論への理解
6、もう一回結論を主張する
7、まとめ

 

になります。

 
 
 
そして、黒がマストで、他は自由枠です。
 
 
 
 
ブログ記事の書き方が分かったら記事を量産しましょう。