【2020年最新版】スロプロ(パチプロ)の年収は?打ち子経験有の自分が解説

 

こんにちは、シューヤです。

実際に打ち子の経験のある自分が、
スロプロの年収を教えます。

 

今回はこんな疑問に答えます。

 

スロ/パチが好きな人
「スロット,パチンコで生計を立ててる人たちの、実際の年収はどんくらいなの?自分でもプロになれるん?」

 

こういった疑問に答えます。

この記事で分かること

スロプロ(パチプロ)の年収

 

 

スロプロ(パチプロ)の年収

結論は500万円くらいです。
ただし、人にもよるしその人の立ち回りにもよります。

 

具体的にはプロにも種類があります。
それは以下の2つです。

・個人で立ち回っている人
・打ち子などを雇って集団で立ち回っている人

それぞれ深堀します。

 

個人で立ち回っている人

こちらはネットにもある通りだいたい450万円くらいが、
妥当だと思います。
一人だと周れるホールに限界があるので、そのくらいです。

 

年収450万円=月収37.5万円なので、割と行けそうですよね。ただ、個人の場合は穴場を知っていないと抽選が厳しいので、やはり妥当な額だと思います。

 

打ち子などを雇って集団で立ち回っている人

自分の知っているパチプロはみんな集団でした。
年収に関しても、月によってまちまちです。

 

自分が所属しているグループの月収は100万円ほどでした。
年収で言うと1200万円くらいですね。

 

今の時代個人でパチプロをやっている人は、いないと思います。理由は3つあります。

 

1,抽選の試行回数が多い
2,台のデータを正確に調べられる
3,情報を共有できる

 

次はこれらを深堀します。

 

 

抽選の試行回数が多い

自分の所属しているグループでは、周りの抽選番号が悪いと、班長さんが一番良い番号を貰います。

 

そういう意味でも抽選をたくさん受けれるのは、良いことしかないですね。

 

ちなみに抽選番号の受け渡しは禁止されているので、絶対にやめてください。お店の不利益になることを助長している記事でありませんので、ご了承ください

 

台のデータを正確に調べられる

グループにもよりますが、台の調子を逐一Lineで、報告していました。なので、班長もそうですが、おおもとの人も台のデータを正確に知れます。

 

班長さんは打ち子の人たちに打ってもらっている間に他の台のチェックや、他店の稼働チェックなどをしています。

 

情報を共有できる

正直これが一番でかい要因だと思います。

 

打ち子に来てくれるような人たちは、たいていパチプロ予備軍であることが多いので、知識の量がとんでもないです。

 

その店の特徴や癖、台を出している会社とつながっている場合もあります。

 

さすがに店側とつながっているかどうかは認識できませんでした。
とはいえ、同じようなパチプロの組織が何個もあるのか確認できました。

 

新宿などの有名店が多いところだと、同じ店に4個も5個もパチプロの団体がいることも多々あります。

 

まとめ

スロプロ、パチプロの年収はだいたい500~2000万円ほどです。
自分の所属していたグループは1200万円でした。

 

ちなみに打ち子の年収は平日出勤で250万円~300万円ほどです。
興味がある方はTwitterや知り合いに頼んでみるのも良いかもしれません。